モビットの審査

5月 10th, 2013

一般的に、自動審査と本審査の二段構えで融資を判断する消費者金融の場合、自動審査は簡単で数秒で融資できるか決まるということをセールスポイントにしています。モビットもそうですが、自動審査はあくまでも機械の判断です。

 

背後にあるのは消費者金融業としてノウハウを蓄積してきた手だれた回収会社なので、もし仮に審査に降りたといっても安心せず、借金である事を肝に銘じて計画的な利用を心がけましょう。

 

計画的に、などと言うとなんだか教科書的ですが、モビットの場合過去に過払い請求などの問題を利用者から突きつけられていることもあって、最初から利用者目線の消費者金融会社とは、言いかねる部分もあります。

 

最も消費者金融会社は、いくらソフトなイメージを打ち出していても基本的には確固とした金融のルールに従って融資を行っていますので、こちらもある程度の気構えがないと厳しい結果を招くのは同じことです。消費者金融に限らず、借金をする側に融資する側を見くびる権利は一切無いと思った方がよいでしょう。自動支払機の登場、CMの規制緩和などを経て、そのあたりの事情が結構ごまかされているのが現況です。

アイフルでお金を借りる際の注意点

5月 10th, 2013

今でこそ無理のある取り立てを行わないアイフルですが、2006年頃には借り手に対して返済を迫る方法が問題化して、アイフル自体が随分と窮地に立たされたのでした。消費者金融は利息を回収して初めて潤うもので、そのことをお金を借りる際に理解しているのが大前提なので、消費者金融会社ばかりを責めるわけにはいかないと思います。
しかし、独立系の消費者金融会社であればあるだけ、社員も回収には白熱しやすいのだという事を肝に銘じていた方がよいでしょう。金融規制緩和に伴って、金利を下げたり借り手に何らかの還元を行えるのは、圧倒的に銀行系の金融会社が有利です。母体の銀行でも多額のお金が動くわけですし、イメージを損ないたくない銀行がグループ会社としてソフトな印象をもたらしていれば、消費者金融会社もあまり派手な取り立てに踏み切れないのが現状です。回収会社がグループになっていればそれはそれで冷徹な動きを見せるのですが、あくまでも法にのっとった冷静なものです。

 

アイフルの苦境は一時期の怒号が出るような、ヒートアップした取り立てにありました。今はそこまでではないですが、取り立てる事もアイフルだけでなく、消費者金融社員にとっては大切な仕事だという事は、くれぐれも忘れるべきではないでしょう。やはり借入する時はきちんと計画して借りるべきですね。

プロミスで借りる時の心がけ

5月 10th, 2013

消費者金融のプロミスで借りる時に心がけることと言えば、消費者金融を利用するときに心がける事一般ですが多重債務に陥らないようにするという事です。利息が銀行のローンなどに比べて高く設定されている消費者金融を、事情があって掛け持ちするようになると後々の返済の時本当につらいです。

 

最近ではそういったローン返済を一本化するため、おまとめローンという商品も出てきています。返済のための借り入れという意味では手続きのための手続きが続き、味気ない金融商品だと言えます。

 

借りる時にあまりにもせっぱつまっていたり、ただの消費のための借り入れでしかないような場合は特に、自分の行動をよく顧みて出来るだけ借り入れを行わないようにしましょう。何だか当たり前の事のようですが、多重債務はとても怖いです。

キャッシングの申し込み方法

4月 27th, 2013

キャッシングを利用したいと思っている方は多いと思いますが、
その申し込み方法がよく分らないという場合もあるようです。
お持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付いているのなら、
そのままATMでキャッシングすれば良いですが、もしキャッシング機能が付いてない場合には、
別途カード会社に申し込むことになります。その際にはご自身や世帯主の勤務先の情報や、
その収入を証明する書類をコピーして提出する必要があります。
このように各種クレジットカードを使ってキャッシングする方法があります。
他にもキャッシング専用カードを作るという方法があります。
これは主に消費者金融に申し込むことになります。
クレジットカードのキャッシングのアコムと金利的には変わりませんが、
消費者金融の場合は即日で融資してくれるというメリットがあります。
すぐにお金を集めたいという方には非常に便利です。
急いでいない場合には郵送で申し込むことも出来ますが、
急いでいる場合には店舗や自動契約機でカードを発行してもらい、
その場でキャッシングすることが出来ます。
また自宅にいながらインターネット経由で即日融資してもらうという方法もあります。
ご自身の状況に合わせて都合の良い方法で申し込むと良いでしょう。