急にお金が必要な時にとても便利な即日カードローン

即日カードローンというのをご存知でしょうか。消費者金融が中心になって展開している即日キャッシング、あれにちょっと似ていますが、こちらは銀行がメインになっています。申し込み方法は、窓口で行えるもの、ネットから行うもの様々ですので、自分が借りたい即日カードローンの会社のサイトで確認するといいでしょう。窓口の場合は、申し込み用紙に必要事項を記入し、本人確認や収入証明の書類を添えて申し込みます。ネットの場合はサイト上のフォームに必要事項を入力して送り、書類はFAXやアプリで別途送付します。他にATMからの申込も可能です。

即日カードローンは審査時間が短いため、すぐに合否結果が出て、ネットからの申し込みの場合は、通ったら口座に借り入れ分を振り込んでもらうことができます。そのため、自分のキャッシュカードで借り入れ分を引き出すことができ、その点でもメリットは大変大きいです。給料日前なのに、急にお金が必要になったとか、急な用事で実家に帰省しなければならなくなったような場合、あるいは急な事故や病気で入院しなければならないなどの、不慮の事態にも役立ってくれますので、その時々の状況に応じて活用することができます。

専業主婦の場合は配偶者名義で申し込みます

この即日カードローンは、収入さえあればほとんどの場合利用が可能です。銀行というと審査が厳しく、正社員あるいは公務員でないと利用できないイメージがありますが、この即日カードローンは、パートやアルバイトの人でも申込ができるものもあります。また、一部は学生でも利用が可能ですが、これはアルバイトなどを定期的にしていて、収入がある場合に限られます。
もちろん専業主婦でも利用ができます。ただ専業主婦の場合は、配偶者の収入や与信情報によって審査をすることになります。ですから、もし配偶者の信用情報にブラックがあるような場合は、審査に通らなくなってしまいますので、注意が必要です。それから、銀行の即日カードローンの場合は、消費者金融で定められている総量規制はもちろんありません。従って、限度額を気にせずにお金を借りることが可能です。
また、消費者金融を利用して専業主婦が借り入れを行う場合は、この総量規制による、配偶者の限度額の中から借り入れをすることになります。そのため事前に配偶者の同意が必要になりますが、銀行のカードローンの場合はもちろん同意を得る必要はありません。ですから、配偶者に内緒で借り入れをすることができます。

もし配偶者名義で返済が遅れた場合には

ところでこの即日カードローンですが、もし返済に遅れが出た場合はどうなるのでしょうか。返済に遅れがあると、まずオペレーターの個人名で電話がかかるようになります。それでも入金がされない場合は、今度はやはり個人名で督促状が届きますが、これらはすべて専業主婦ではなく、名義人である配偶者のもとへ行きますので、配偶者に内緒でお金を借りた場合は、遅れずにきちんと返済を続けるように心がけたいものです。
もしそのまま放っておくと、返済を延滞したことにより、配偶者の信用情報にブラックがついてしまいます。のみならず、カードローンの会社から訴訟を起こされて、全額一切返済ということにもなりかねません。このような場合は返済方法を見直してもらうのが一番なのですが、それでも難しい場合は、任意整理や自己破産などの債務整理を行うことになります。その場合もやはりブラックが登録され、5年から7年、場合によっては10年間そのままで、もちろんその間お金を借りることはできません。このようなこともありますので、即日カードローン利用でお金を借り入れる場合であっても、本当は夫婦できちんと話し合い、返済が難しくなった場合のことも検討しておくといいでしょう。

収入のある専業主婦には本人名義の利用がお勧めです

また専業主婦が、パートや内職などで自分の収入がある場合は、本人名義での即日カードローン利用ができます。もし仕事をしていなくても、年金収入などがある場合は、やはり専業主婦の本人名義で申し込むことが可能です。自分の収入額に見合った分だけを借りられ、銀行のカードローンの場合は金利が低いという点も嬉しいものです。他に本人名義で借り入れをすることのメリットは、もし返済に遅れが出た場合でも、他の家族に連絡が行かないこと、もし債務整理をすることになった場合でも、他の家族に迷惑がかからず、自分だけの責任で済むことです。
とはいうものの、やはり即日カードローンで借り入れをする場合は、きちんと計画を立てて申し込むようにしましょう。特にネットで即日カードローンを利用する場合は、気軽に借りられる分、つい無駄遣いをしてしまいがちです。借り入れ分はあくまでも返済するべきものであり、臨時収入ではないのですから、本来の目的以外にはなるべく使わないようにしましょう。無駄遣いをしてしまって、自分の収入だけで返済できなくなり、他から借りて返済に充てる状態、いわゆる多重債務にならないためにも、これは必ず守るようにしてください。”